大東市立総合福祉センター

総合福祉センター利用方法

総合福祉センター利用には、「個人で利用」と「団体で利用」の2種類があります。
それぞれの申請方法・利用方法について説明します。

個人での利用方法

 総合福祉センターを個人で利用される場合は、「センター使用証」が必要です。
 使用証は申請用紙をセンターへ提出していただければ発行できます。


※大東市にお住まいで、60歳以上の方に限ります。

総合福祉センター窓口にて申請書を提出
(申請用紙は窓口にて配布もしくは、下記よりダウンロード可能)


申請用紙の内容を確認(約3日程かかります)


老人福祉センター使用証(利用カード)発行
(発行したカードは来館する際は必ず持参してください)

団体での利用方法

 総合福祉センターを団体で利用される場合に、「団体登録」が必要となっています。 団体登録は『団体登録申請用紙・団体設立内容・団体名簿・代表者届』を窓口に提出後、提出書類を条例に基づいて審査させていただき規定を満たしていればセンターでの登録完了となります。団体登録後は総合福祉センター内の各部屋の予約・使用が可能となります。
(各部屋予約は毎月1日より、翌月の予約が可能となります。)

※ 団体登録は5名以上で構成されたグループが登録できます


総合福祉センター窓口にて申請書等(4種類)を提出

(各申請用紙等は窓口にて配布もしくは、下記よりダウンロード可能)


申請用紙の内容を確認(利用規定により確認→許可) 


  総合福祉センターの団体登録完了

 (団体登録が完了すればセンター内の部屋を予約し、使用していただけますが、部屋の予約は先着順となっております。予約の開始は、毎月1日朝9時にセンター1Fロビーでクジ引きを行い、そのクジの番号順に翌月分の部屋予約を受け付けます。
 9時前に来館されても1番に部屋予約が出来るわけではありませんのでご了承下さい。

 電話での予約は毎月3日からの受付になります、仮予約扱いですので極力早めにセンター窓口へ使用許可申請書を提出して下さい。 

各種申請書ダウンロードはこちら